小島 慎平

常勤医師 / 耳鼻科

なぜ医師を志したのか

小さいころよく風邪をひき、小児科や耳鼻科でお世話になりました。そのときの先生がとても親切で病院が身近な存在でした。
一方で親族に医療関係者がおらず、病気になった時に誰かに気軽に相談できる環境ではありませんでした。
知り合いでリンパ節が腫れているのになかなか病気と気づかずに病院に受診したときには、もうすでに手遅れになっていたという経験をしました。
家族や身近な人が病気になった時にすぐに相談に乗りたいという思いがあり医師を志しました。

耳鼻咽喉科医になった理由

大学卒業時は、救命救急で働きたいと思い、研修先も救急疾患が多い旭中央病院を選びました。 
救急の現場では、命が危ない患者様をみたら、一番先に気道を評価する必要があります。そこを専門にしている耳鼻科で研修させていただきました。
そこで、急性喉頭蓋炎や頸部膿瘍など窒息のリスクがある患者さんを手術で迅速に救っている先生の姿にあこがれました。
また、耳鼻科は、耳や鼻、喉などの感覚器を扱い、問診や検査で診断して内服で治療する、それで改善しなければ手術で治す、というように内科的、外科的にも診断から治療の最後まで患者さんに携われる科ということで、耳鼻科医になることを決めました。

有明みんなクリニックでの抱負、ビジョン

自分が目指す医療はみえる、わかる医療です。耳や鼻や喉の中が何が起こっているのか、できる限り見えるようにしたいと思います。
どんな病気でどんな治療が必要なのかを説明し、納得・安心して通院してもらえるようになれればと思います。
また、小さい子供からお年寄りの方まで安心して気軽にきてもらえるようにこころがけています。
耳垢とってください、鼻水吸ってください、などの受診も喜んでお待ちしています。こんなことで受診していいのかな、と思わずにご相談ください。
お子さんが発熱して小児科にいったら耳垢があり、耳鼻科を受診してまた戻ってきてくださいと、病院を往復するなんてことを経験した親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
また、耳鼻科を受診して、鼻水が原因の咳ではないので、小児科または内科で、肺も評価してもらってくださいといわれたことはないでしょうか。
当院では、小児科、耳鼻科、内科が併設しているので、スムーズに診察できるように連携をとります。

経歴

2011年3⽉⼭梨⼤学 医学部 卒業
2011年4⽉国保旭中央病院 初期研修
2013年4⽉国保旭中央病院 ⽿⿐咽喉科
2013年10⽉東京慈恵会医科⼤学付属病院 ⽿⿐咽喉科
2014年5⽉太⽥総合病院 ⽿⿐咽喉科
2016年1⽉東京慈恵会医科⼤学付属柏病院 ⽿⿐咽喉科
2017年4月東京⼥⼦医科⼤学 先端⽣命医科学研究所 ⼤学院
2019年4月平井すばるクリニック 管理医師
2020年8⽉有明みんなクリニック 常勤医

資格・所属

  • ⽇本⽿⿐咽喉科学会 専⾨医

PAGE TOP